手入れを行なう|ワイヤレスの防犯カメラは簡単に設置できる

ワイヤレスの防犯カメラは簡単に設置できる

手入れを行なう

ガードマン

設置した防犯カメラも、定期的にメンテナンスを行わないと長持ちしません。せっかく購入したワイヤレスの防犯カメラを長く使用したいなら、業者に依頼して保守メンテナンスを行なってもらいましょう。手の届く位置に設置したものの場合自分で掃除することも可能ですが、ワイヤレスのものは特に、高い位置に設置することや危険な場所に設置されることもあります。そうした位置に設置した防犯カメラを自分で手入れしようとするとケガをする恐れがあるので、無理せず業者に依頼することが大切です。防犯カメラを触っていない場合でも、ワイヤレスなど外に設置したものは風の影響で角度が変わる場合や、汚れがついて映像が鮮明に映らないことがあります。年に一度きちんとメンテナンスを行なって、防犯カメラの機能をしっかり発揮しましょう。
メンテナンスの内容は掃除と調整、壊れている部分がないかのチェックです。1箇所につき20000円ほどの料金がかかり、台数が増えるごとに3500円ほど追加料金が発生します。点検にかかる費用は、ワイヤレスのものや配線があるものなど機種の違いで変化することはありませんが、壊れている場合はその修理費用として料金が追加されます。他にも、高さが3m以上あるものはメンテナンス料金が高くなります。依頼の見積もりを行なうときには、カメラの台数がいくつあるかということや、どんな場所に設置しているのか伝えてください。電話口で見積もりを行なって比較することもできますが、業者によっては無料で直接見に来てくれます。